住宅ローンの審査は担保が必要

住宅ローンの審査は担保が必要

住宅ローンの審査に当たっては担保が要求されます。
住宅ローンの担保は、融資と同時に対応する物件に抵当権が決められることにより成り立つものです。
抵当権が決められた物件に関しては、住宅ローンの返済を全うできなかった場合にローンに回されることになります。
そのため、担保物件に対する評価が低く借り入れをしたい金額が高い時には、住宅ローン審査に通らないと考えて良いでしょう。
低く担保物件が評価されると、ローンの支払いが不可能な際に担保不足となるので、融資を行った金融機関が損失を受けるからです。
これについて、新築物件を買うことを希望して住宅ローンを申し込む場合には、大抵問題はないでしょう。
面倒なのは、中古物件の購入する時の住宅ローン審査基準です。
買いたいのが担保の評価が低い中古物件で、担保が不足すると、審査が通らないという結論に至ります。
中古物件だと、戸建てでも評価は高くありませんが、マンションはより一層の下落率となっています。
土地の価格がある戸建ての方が大きく評価額が変動することはないでしょう。
金融機関で実施する住宅ローン審査だと、中古物件の新規申し込みはより一層、厳格な基準を設定しています。
一方、借り換えは別の問題となり、新規の場合と比較してかなり審査基準が緩くなります。
物件の査定が中古物件と密接な繋がりを持ち、望んだ借り入れ額と査定額を照合して審査が通らないことが多々あります。
査定額が借りたい金額を非常に下回る状況では、減額を余儀なくされることがあります。
住宅ローンの借り換えの時には、自己資金が多ければ審査が通りやすくなります。