住宅ローン審査は事前調査が重要

住宅ローン審査は事前調査が重要

住宅ローン審査はローン申込者に限定されず、中古の購入物件や新築物件に対しても実施されます。
住宅ローン審査の対象になっているのは、市街化区域に出来る戸建かマンションに決定されています。
この他の区域に作られる物件の場合はローンの審査が通らないと言うのではなく、住宅ローンの対象にならないと言うことなのです。
市街化区域以外の区域と言うのは、市街化調整区域という呼び方がされます。
山林地帯や農地といったところが市街化調整区域であり、この区域での建築ができないことになっています。
それから、建築基準法をはじめとする法律を遵守していない物件は、住宅ローンの審査に通らないでしょう。
建築基準法を見ると、建ぺい率や空き地確保等に関した条件などがたくさん含まれています。
素人ではなかなか分かりにくい要件ですので、建築の専門家に尋ねてみましょう。
中古物件でも住宅ローンが組める場合もありますが、審査基準は統一されておらず取り扱う金融機関により様々です。
新築物件か中古なのかで金額・返済期間・金利などに差異が生じることもあります。
中古物件というのが理由で望み通りの金額で審査が通らない可能性が考えられますので、事前調査が欠かせません。
様々な金融機関で住宅ローンを用意していますが、住宅ローン融資の定義が一律ではないため確認しておきましょう。
申し込む前でも審査に通るかどうか自己診断できるかもしれません。
店舗用である新築物件や競売物件、または土地だけの購入資金の融資、また借地権の設定されている土地に建つ物件・リフォーム物件というのは審査が通らない可能性があります。