住宅ローン審査は健康が第一!

住宅ローン審査は健康が第一!

健康状態に問題ありと判断された場合、住宅ローン審査に申し込んでも通らないことになります。
問題なく長期間の返済を行える体の状態かどうかを見極められるのです。
住宅ローンを組む際には、団体信用生命保険との契約が必須になります。
団体信用生命保険の加入なしで住宅ローンに対応できる金融機関も挙げられますが、少数しかありません。
団体信用生命保険というのは、住宅ローンを完済しないうちに本人がもしも高度障害や死亡などの事態になった場合に、ローン残高を相殺してくれるというものです。
残高は全部返済してくれますので、ローン残高については心配がいりません。
住宅ローンを取り扱う金融機関にとっても、ローンの返済がされない事態は避けられるので安心できると言うわけです。
団体信用生命保険には、いくつか加入条件があります。
ひとつに、過去3年以内の手術や2週間以上に渡り医師の治療や投薬を受けていたかどうかについてや、障害を持つか否かなどの判断基準が挙げられます。
さらには、これまでの3ヶ月以内に医師による治療や投薬を施されている人は、それも判断に組み込まれます。
そうした状態であれば団体信用生命保険を契約することができず、ローンの審査に通らないことにもなりかねません。
とはいえ、住宅ローン申請者が高齢になっていることも往々にしてあるので、このところ病気保障付きの住宅ローンも挙げられます。
団体信用生命保険をかけられずに住宅ローン審査に通らなかったとしても、違う選択肢を検討することにより解決策が見つかることもあります。
なお、連帯保証人が存在することにより審査をパスできることもあります。
住宅ローン審査基準があまり厳しくない金融機関も見受けられますから、詳しく調べることをお勧めします。