返済能力がないと住宅ローンの審査が通らない

返済能力がないと住宅ローンの審査が通らない

住宅ローンの審査が通らないのは、返済能力がないと見なされたからです。
考慮される基準としては勤務状況を見られることになります。
勤務状況というのは、勤続年数や勤務先の規模、勤務先の経営状態等から判断します。
勤続年数が3年に満たないと、住宅ローンを利用したくても審査が通らない可能性が高いとされています。
ただし、この頃の雇用状況を鑑みて、別の審査基準には達しているという場合であれば物差しを変えてくれる金融機関が見受けられます。
勤続年数が足りないせいで住宅ローンの審査が通らないとしても、外資系の金融機関であれば通るかもしれません。
職業を変えることの捉え方が日本の一般企業とは別だからです。
日本の企業なら勤務する企業を変えず長く仕事をすることで信頼されるようになりますが、外資系の会社では転職によってキャリアを積めると受け止められるのです。
自分の勤務状況を見直して、これらのうちどこの金融機関が好都合か決めると良いでしょう。
職種や働いている企業の判断基準は透明性があります。
社会的に信頼が置かれている弁護士がトップで、その次に医師・公務員・会社員という順で審査が通りやすいと言われています。
会社員の中でも、ついている責任や社内での地位も加味され審査結果が異なります。
一定の収入を継続的に得られると捉えられにくい自営業者は、住宅ローンが通らない状況も度々あるようです。
それから、勤務先の大小も判断基準となります。
上場企業のように安定企業と判断されるところや、非上場でも有名企業なら審査基準をクリアできます。
勤めているのが中小企業であるなら、不安定な企業ではないと分かってもらうことが求められます。
所属している企業の資料を提出することが求められる場合もあります。